クリスマスの句2

  • 2019.12.27 Friday
  • 22:56

 

 

 ローソンと未だあたたかいルーベンス

 ローソンに未だあたたかいルーベンス

 

 上段の句と下段の句は、

 文字だけ違います。

 

 どちらにも一長一短あるような気がして、

 つとも発表することにしました。

 

 おおきな違いは、

 ローソンとルーベンスとの

 距離感です。

 

 

 

 

 はい、そしてこれが、

 ルーベンスさんが描いた絵

 『キリストの降架』 です。

 

 

 さて今回は、

 クリスマスっていえば、

 フランダースの犬だよなぁ、

 ってところがスタートラインでした。

 

 伝わらない人もいるだろうなー、

 と思いましたが、評を読むと、

 予想以上にバレバレで 😆

 

 もちろん、

 クリスマス=フランダースの犬

 だけでは、

 「で、だからナニ?」 って

 思われるので、

 

 同じ文言で複数の物語を紡ぐ

 ことにしました 😝

 

 こいつを使います。 はい、ドン

 

 

 

 デカデカと、赤ちゃんが

 描かれてるんですけど、

 見えますか?

 

 こういうの

 ダブルイメージ っていう

 らしいです。

 

 

 あぁ、それから、

 上の句に

 「韻もあるけど深読みはタブーかな」

 という評をいただいたことについて、

 ちょっとだけ。

 

 韻自体は、

 ほとんど意識していませんけれども、

 それぞれの母音と子音に、

 それぞれ異なったイメージを

 持っているので、

 

 たとえば、

 暖かい感じを出したい時には、

 無意識機に「あ」の段の音字が

 出てきてしまうことは、ありますです。

 

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

クリスマスの句

  • 2019.12.26 Thursday
  • 22:01

 

 

 おくびにも出さずサンタは赤い服

 

 

 緑色の服を着たサンタクロースが

 存在すると知ったのは、

 いつの頃だったでしょう。

 

 赤い服の秘密(諸説あり)を

 聴いたのは誰からだったでしょう。

 

 と、そんな回想から、

 作句しました。

 

 あ、なぜ赤い服なのかは、

 いつもの(笑)ダブルミーニング で、

 句の中に答を入れてありますです。

 

 ダブルミーニングって言葉は、

 これもいつだったか

 ジミー・ペイジ 氏が

 インタヴュー記事の中で使っていて、

 かっこよさげだったので、

 あまり深く考えず真似しています。

 

 

   このヒト

 

 和風だと、掛け詞 なんてのも

 ありますね。

 

 高校の時に覚えさせられた

 百人一首とかに、

 逢ふ坂の関 などとある

 アレです。 

 

 

 

 ちょっとニュアンスは

 ちがいますけども、

 どちらも、ひとつの言葉が

 複数のことを表現している、

 ってところは共通してますね。

 

 ひとつの生で、いくつもの

 並行世界 可能世界

 を行き来するような

 ドキドキとか。

 

 タダね〜💙 

 作者本人が

 いくらダブルミーニングだ、

 掛け詞だ、と主張しても、

 

 くだらないダジャレ、

 つまんない言葉遊び、

 として

 読まれてしまうリスクは、

 やっぱりありますね。

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

『We』に投稿しました

  • 2019.12.16 Monday
  • 18:06

 

 記事の更新をしていない日に

 閲覧数が伸びていたりすると、

 「ヤベッ」 って、なります。

 

 てなワケで今日は、

 

 短歌と俳句の文学誌

 『 We に投稿しました、

 って話を。

 

  We 』 ブログ 

 https://ameblo.jp/we-tanka-haiku

 

 『 We 』 ツイッター 

 https://twitter.com/tanka_haiku_we

 

 『We は年  回(月・月)の発行、

 既発表句も可、

 

 なので、

 私のようなノンビリ屋には、

 とてもありがたいです。

 

 

 

 ただねぇ、

 いただいた見本誌を読んでみたら、

 赤野四羽さん、斎藤秀雄さん、

 亀山朧さん、等々のお名前が。

 

 「うわっ、これガチのやつだ」

 って、ちょっとビビるというか

 アセるというか。

 

 でも、まぁ、

 ボロクソに叩かれたとしても、

 「すんません、新人なんで」

 って言っちゃえばいっか、

 と思い投稿することにしました。

  (不遜ですね)

 

  

  (裏の うぃ。 表記 カワイイ)

 

 いろんなことに手を出し過ぎ?

 もっと腰を据えてやるべき?

 って不安も、

 あるっちゃ、ありますけど。

 

 

 近年、

 歌人、俳人の方たちが、

 川柳にも参入されるケースが

 増えているようですしネ〜。

 

 そろそろ川柳の側も

 反転攻勢に出てはどうでしょう。

  (不穏ですかネ〜)

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

メー川、らいふコメント集3

  • 2019.12.11 Wednesday
  • 23:46

 

 

 ヨガのポーズと君は笑った

 

 会いに行くから左心房まで

 

 迷惑ですと去る携香女

 

 天冠だけを予約している

 

 人の三年桃の三年

 

 

 (注意)

 これらは短句ではありません。

 あくまでも、元の句があって、

 その句に付けたコメントです。

 

 

 渇き満たせぬ館長の棲む

 

 竹田城址にリャマを集める

 

 ミニーマウスは地球をメクる

 

 有野市外で学府を掻いた

 (有野市外で岳父を欠いた)

 (蟻の死骸で楽譜を書いた)

 

 

 あ、三十一音字パターンもあった。

 

  あの子らは留まっている門柱に

 3.5億ケルビンの夏

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

メー川、らいふコメント集2

  • 2019.12.10 Tuesday
  • 09:00

 

 

 待っている飛蝗の角が腫れている

 

 朝顔にしよかそれとも鬼灯か

 

 古井戸のダイナミクスでくいとめる

 

 ノイシュバンシュタイン城の隠し場所

 

 ましゅまろはおへそのよこをつかめるよ

 

 

 (注意)

 これらは独立した句ではありません。

 元の句があって、

 その句に付けたコメントです。

 

 

 スタッカート消しおそ松音頭聴く

 

 モスキート伯爵ハムへの忠誠

 

 アヒルじゃないよ黄色い潜水艦

 

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM