プリズム句会【特別公開版】

  • 2019.11.09 Saturday
  • 10:22

 

 プリズム句会は、

 互選で選評必須の

 クローズド・インターネット句会

 です。

 

 でも、

 11月6日・選句/選評締切り

 の分は、特別公開版なので

 そのうち主宰のブログにも

 ババーンと載るでしょう。

 

 こちらには、

 とりあえず私の句と、

 いただいた選評を。

 

 またしてもデイジーの種生みかける 

 
 透童つくえ

 

 並選

 

 デイジーを白のひなぎくとして読みました。

 清楚可憐、おだやかを生みだす種を

 またしても無難に生もうとする自身への

 ちいさな危機感、違和感を感じ、

 好きでした。

 ──茉莉亜まり

 

 「またしても」だから

 以前にも生みかけたのですね。

 それでもまた繰り返すのは

 人の性の哀しみのようです。

 ──福村 まこと

 

 生み「かける」のが「またしても」。

 ひたすら寸止めの精神性。もどかしい。

 ──御殿山みなみ

 

 《生みかける》ということは、

 生んでしまうことを、

 作中主体は回避できたのだろう。

 《またしても》ということは、

 これまでに何度もこれを経験している。

 一度も生まなかったのだろうか。

 もしそうなら

 どうやって《デイジーの種》だと

 分かったのだろう。

 ときどきは回避に失敗して、

 デイジーが咲き誇ってしまうのだろうか。

 作中主体がヒトなのか、

 そうでないのかは分からないけれど、

 「生む」と述語づけられるものは、

 たぶんヒトを含めた動物ではないか

 (3Dプリンターに接続されたAI

 とかかもしれないけれど)。

 「生む」と述語づけられるものが、

 植物の種を生みかけるという不気味さと、

 《デイジー》という花の

 可愛らしさのギャップに詩が宿った。

 ──斎藤秀雄 

 

 選外

 

 「生みかける」のだから未遂で、

 「またしても」だから

 何度も繰り返していることなのだろう。

 デイジーの種が何かの比喩なのか

 想像できなかったけれど、

 越えてはいけない一線の向こう側に

 あるものではないだろうか。

 そこにたどり着きたくて、

 でも何度も思いとどまっている。

 そんな葛藤の様子を想った。

 ──本間かもせり

 

 句とは全然関係ないと思うのですが

 読んだ瞬間、

 映画『2001年宇宙の旅』のなかで

 コンピュータHALが

 故障していきながらも歌った

 "Daisy, Daisy,

 Give me your answer do!

 I'm half crazy,

 All for the love of you!"

 が聴こえました。狂気を感じました。 
 複数回「生みかける」を

 繰り返しているようですが

 前回は「生んだ」のでしょうか

 「生みかけた」のでしょうか、

 一度も「生んだ」ことはないのでしょうか。

 とても気になります。

 ──芍薬

 

 デイジーが一体何なのか!!! 
 是非生んで欲しいです。

 ──茆菜

 

 面白い。産み、の方がいいのでは。

 ──月波与生

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

コメント
追記:私が選ばせていただいた句は、
   結果、8点句、8点句、7点句だったので、
   選句眼は、そこまで大きくズレてないのかな、と
   安心しました。
  • RIFE
  • 2019/11/09 9:15 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM