第10回「現代川柳」川柳大会 誌上句会

  • 2020.07.23 Thursday
  • 22:30

 

 本日、結果が届きました。 

 三句入選してました。

 (祝 藤七郎 名義)

 

 「届く」 黒川利一 選 

 父だろう余分に貼ってある切手

 

 特選の方も「切手」の語を使ってらっしゃるなか、

 よくぞ生き残りました。

 上五は もう少し。

 

 「遠い」 渡辺美輪 選 

 金魚草剥がれて星図折りたたむ 

 

 よくぞ読んでくださいました。

 難解と言われようとコレが私。

 この句が入選したのは うれしいです。 

 

 「雑詠」 茉莉亜まり 

 降りてくるシャボン玉まだ話せない 

 

 こちらは逆に、難解だったものを

 伝わる言葉に推敲しました。

 それも私。

 

 

 徳道かづみ さん

 https://twitter.com/peaceandbeautyt/status/1286186543237931009

 によれば、

 参加者は170名。

 入選は一題35句。

 

 兼題欠席投句拝辞の昨年大会の出席者が

 82名(「現代川柳」68号より)。

 そのときも、入選は一題35句でした。

 

 参加者が増えたからといって入選数を増やさないのは、

 すばらしい姿勢だと思います。

 

 

 ウチの地元の大会に投句していただいた方々も、

 何名か入選しておられました。 

 

 

 

 

 

 

コメント
今年は「きぬうら」出しそびれました。
来年はスケジュールに入れたいと思います。
  • RIFE
  • 2020/07/25 12:41 PM
倍の参加者とは伸び盛りの誌上句会ですね。選者の黒川利一さんには注目しています。きぬうら誌上大会でも選者でしたし、上位の賞もとられていました。
3句入選おめでとうございます。
  • よーこ
  • 2020/07/25 12:11 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM