金曜日の川柳

  • 2020.03.19 Thursday
  • 21:21

 

  

 

 Amazon に予約してた 『金曜日の川柳』

 やっと届きました。

 

 遠目には

 イエローオーカーに見えましたけど、

 手に持ったら、金色に光ってます。

 

 

 

 新書より数ミリたてながで、

 それでいて 350 ページ超のブ厚さ。

 このアンバランスさがまた、

 ワクワクをかき立てます。

 

 内容的には、いわゆる

 川柳アンソロージー(詞華集)です。

 音楽でいえば、コンピレーション・アルバム

 みたいなものですかね?

 

 それか、「この曲を聴け!」的なヤツとか。

 

 

 

 

 今まで、川柳の「作り方」の本は

 何冊も出てますけど、

 未経験者、初心者も気軽に読めるような

 アンソロジーは、あんまりなかったんじゃ

 ないですかねー。

 

 川柳とは何か、を理解するのは、

 きっと相当に骨が折れることでしょう。

 

 だけど、この本を座右に置けば、

 川柳とは何か、を「体感」することは、

 できるんじゃないかなぁ。

 

 阪井久良岐(1869-1945)の句もあれば、

 柳本々々(1982−)の句もあって、

 しかもそれが、

 年代順に関係なく収録されてるので、

 

 川柳を知識や教養としてじゃなく、

 自分事として体験、体感できるような

 気がします。

 

 この本は売れてほしいです。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

評価:
樋口由紀子
左右社
¥ 1,760
(2020-03-13)

コメント
未経験者のかたが、これを読んで「なんぢぁコリヤ」となるところを想像すると、またワクワクします。

経験者のかたは、各々、自分の川柳アンソロジーを編んでほしいです。
  • RIFE
  • 2020/03/20 9:43 PM
ありがたいです。
  • よーこ
  • 2020/03/20 1:56 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM