『菫橋』竹井紫乙 を注文するの巻

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 07:00

 

 3月号を最後に、

 『川柳びわこ』の「びわこ近詠」から

 竹井紫乙さんの名前が消えました。

 

 おや?

 と思っていると、

 「竹井紫乙 川柳日記」によれば、

 月に転職をされたご様子。

 

 何か心境の変化が

 などと余計な心配をしているところへ

 第三句集発刊 うれしい 知らせ。

 

 さっそく梅田 蔦屋書店、港の人、

 amazon のHPをのぞきましたが、

 10月初旬の時点では、

 まだUP されていませんでした。

 

 えぇ

 

 しびれをきらした私は、

 出版社へ注文のメールを送ります。

 

 1冊しか買わないくせに、

 まったく、われながら迷惑な客です。

 

 U野様、お忙しい中対応してくださり

 ありがとうございます。

 

 だって、待ちきれないじゃないですか。

 

 「田舎に住んでるテメーを恨みな」

 って言われりゃ、

 それまでなんですけどね。

 

 そんなこんなで

 10月11日金曜日、

 ウチに帰ると、じゃーん

 届いてましたよ 『菫橋』

  

 

 

 はい、もう コレ、傑作決定!

 だって、もう装画がステキじゃないですか。

 山口法子さんって方らしいんですけどね。

 

 マチエール(画肌)、タッチ(筆致)、

 構図、色彩、

 

 絵を見ただけで

 「あぁ、これは大切に読まなくちゃ」

 って思いました。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

この話は、事実にもとづいたフィクションです

  • 2019.06.18 Tuesday
  • 04:12

 

 とある川柳秘密結社から、

 招待状が届きました。

 

 薔薇十字団、黄金の夜明け団 に並ぶ、

 世界三大秘密結社の一つで、

 川柳による人類の救済を

 掲げています。

 

 と、いうのは もちろんウソ。

 リアル句会を持たない川柳グループで、

 県内外の実力者が参加しています。

 

 人類の救済なども、もちろん掲げてなくて、

 カジュアルな お茶会、といった雰囲気です。

 

 (ゴールデン・ドーン[黄金の夜明け団] も、

 実態は お茶会だったといいますけど)

 

 そんな実力者ばかりのグループ、

 いわば神々の饗宴に、

 なぜ私が誘われたのか、

 ホントは少し戸惑っています。

 

 「秘密の首領」(主催者ね)の御心は、

 ワタクシのごとき新参者には

 推しはかることも出来ませんが、

 たぶん、かいかぶり、過大評価だと。

 

 でも、せっかくのチャンスですから、

 あいそを尽かされないように

 必死で喰らいついていきますとも。

 

 マグレガー・メイザースや

 アレイスター・クロウリーのような

 獅子身中の虫にならないように

 せねば。

 

 

 あれ? しかし、

 そんな秘密結社のことを、

 ココに書いてよかったのでしょうか。

 

 アサシン(刺客)を放たれたり

 しませんかね。

 

 おや、誰か来たようだ。

 

 

 

 

 

 
 川柳ランキング

 

 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM