『菫橋』竹井紫乙 を注文するの巻

  • 2019.10.16 Wednesday
  • 07:00

 

 3月号を最後に、

 『川柳びわこ』の「びわこ近詠」から

 竹井紫乙さんの名前が消えました。

 

 おや?

 と思っていると、

 「竹井紫乙 川柳日記」によれば、

 月に転職をされたご様子。

 

 何か心境の変化が

 などと余計な心配をしているところへ

 第三句集発刊 うれしい 知らせ。

 

 さっそく梅田 蔦屋書店、港の人、

 amazon のHPをのぞきましたが、

 10月初旬の時点では、

 まだUP されていませんでした。

 

 えぇ

 

 しびれをきらした私は、

 出版社へ注文のメールを送ります。

 

 1冊しか買わないくせに、

 まったく、われながら迷惑な客です。

 

 U野様、お忙しい中対応してくださり

 ありがとうございます。

 

 だって、待ちきれないじゃないですか。

 

 「田舎に住んでるテメーを恨みな」

 って言われりゃ、

 それまでなんですけどね。

 

 そんなこんなで

 10月11日金曜日、

 ウチに帰ると、じゃーん

 届いてましたよ 『菫橋』

  

 

 

 はい、もう コレ、傑作決定!

 だって、もう装画がステキじゃないですか。

 山口法子さんって方らしいんですけどね。

 

 マチエール(画肌)、タッチ(筆致)、

 構図、色彩、

 

 絵を見ただけで

 「あぁ、これは大切に読まなくちゃ」

 って思いました。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.3』を読む

  • 2019.10.15 Tuesday
  • 06:07

 

 『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.3』

 

 はい、まずは例によって、

 上記の議論をお読みくだせーませませ。 

 

 Vol.3 は、東北の雄、現役世代のヒーロー、

 月波与生 先生 登場です。

 

 読んでたら、私の句が俎上に載っていて

 ビックリ。

 

 じゃぐわぁーんシンバル今日を突破する

 

 ってやつなんですけどね。

 「栄井つく枝」 が私です。

 コチラ を参照)
 

 「映像が浮かんだ」

 おっしゃっていただいたのは、

 うれしかったです。

 

 これで堂々と

 「V系 川柳」

 を掲げられます。

 

 いや、掲げませんけどね笑

  

 

            

 

 
 川柳ランキング

 

『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.2』を読む

  • 2019.10.14 Monday
  • 00:45

 

 『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.2』

 

 まだ読んでない、って方は、

 上記リンクからでも、

 読みに行ってくだせーませませ。

 

 なんで Vol.1 の感想から書かないんだ、

 という ご指摘もありましょうが、

 Vol.1 は、オープニングということもあってか、

 なんだかキャピキャピしてて、

 この老体にはキツいんですよ。

 ゴホゴホッ😷

 

 さて、と。

 読まれました?

 こんな重要なこと、

 タダで公開しちゃっていいんですか驚

 って感じですよね。

 

 と同時に、

 こりゃエラいことになったぞ、と。

 

 「アタシは言うたから、あとはアンタしだい」

 ってことですからね。

 

 これから先ズーッと、の

 課題であることはもちろん、

 第8回大会では、

 「これがアンタの今の答えか?」

 と問われるワケですから。

 

 コチラもどーぞ

 

 

 
 川柳ランキング

 

どんだけ使い回してんだヨ

  • 2019.10.13 Sunday
  • 00:32

 

 10月6日(日曜日)の朝、

 FM宝塚 

 たからづかブリーズサンデー

 「川柳の時間」 にて、

 暖陽里庵(のんびりあん)の名義で

 

 散らかした部屋でおんなじほん舐る

 

 という句を、

 読んでいただきました。

 

 講評の 茉莉亜まり先生 に、

 ほぼ完璧にコチラの意図を

 読み取っていただいて、

 うれしかったです。

 

 (ほぼ、ってのは、

 負け惜しみみたいなものです。)

 

 でもね、

 人間ってのは、欲深いものなのか、

 誤解されなかったら、されなかったで、

 なんだか物たりない気もするような ・・・

 

 それでですね、

 じつはこの句、10月1日締切の

 某秘密の句会に、投句した句でして。

 

 「川柳の時間」は

 既発表句OKですし、秘密の句会

 (仮に M 句会 としておきましょう)

 のほうは未発表扱いになるので、

 一応はセーフなんです

 (エバってもしょーがないですが)

 

 で、その M 句会 で、

 この句から「遊女」をイメージなさった

 方がいらっしゃいました。

 

 こちらはこちらで、

 また別の うれしさがあります。

 

 句を受け取ってくださったような、

 拡げていただいたような気が

 するからです。

 

 「ほん」をひらがなにした甲斐が

 ありました。

 

 追伸

 

 じつはこの句、

 9月23日の日奈久de川柳句会 

 没になった句を

 推敲し直したものです。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

『花・花』竹内歌子句画集 を読む

  • 2019.10.05 Saturday
  • 22:51

 

  

 

 もう、表紙絵からステキです。

 何げない写生画のように見えて、

 構図、形態、色彩、等々、

 しっかりと、「表現」 されていると

 思いませんか。

 

 こういう絵をお描きになる方の

 句集ですもん、

 ステキでないはずがありません。

 (キメツケ)

 

 いくつか挙げさせていただきます。

 

 

 二階から見えてる花に会いにゆく

 

 きさらぎもやよいも凌ぎレモンティー

 

 痛いとこひこにゃんシール貼っておく

 

 約束はないが岬に立っている

 

 そもそもは君がうさぎであったから

 

 それはそれはきれいな花の咲く逃げ場

 

 配達が素通りをしていったドア

 

 寒いなあボタンの穴がみつからぬ

 

 ゴリラにはもう三十年会ってない

 

 コイン入れ青空どーんと高くなる

 

 

 なったことないので、わかりませんが

 八十八才の方って、こんなに若々しい句が

 詠めるものなんでしょうか?

 

 詩情、軽み、

 哀寂、おかしみ、

 「ふふふ」と笑って

 人生を肯定したくなる、

 ステキな句集でした。

 

 いやぁ〜、川柳って、ホンっトに

 いいもんですねぇ〜。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング>

 

 

 

第2回プリズム句会

  • 2019.10.02 Wednesday
  • 02:09

 

 「プリズム句会」 は、

 海月ただよう/多舵 洋 さんが主催する

 オンライン句会です。

 

 海月ただよう/多舵 洋 さん は、

 現代川柳bot の「中の人」でもあります。

 

 私は、川柳を始めたばかりのころ、

 とにかく句集を読みまくりました。

 

 そんなとき、ツイッターで 

 現代川柳bot のアカウントをみつけ、

 「あぁ、私のやっていることは、

 間違いじゃなかった」 と、

 どれだけ励まされたことか。

 

 あと、最近の注目は、

 「くらげただよう」のアカウントで

 繰り広げられている一連の

 #呟怖

 

 圧倒的な読書量に支えられた

 イメージを言葉にするチカラ。

 

 もし、このチカラが

 川柳に応用されたら、

 と思うと、ワクワクします。

 

 (ダチョウ倶楽部的なイミで)

 するなよ、絶対するなよ!

 

 おっと、いけない。

 熱く語ってしまいました。

 そうそう、プリズム句会の話でしたね。

 

 

 プリズム句会は、

 互選で選評必須でして、

 昨日が選句・選評の締め切りでした。

 

 アテクシは、「透童つくえ」名義で、

 参加しております。

 

 さて、今回の結果ですが、

 透童つくえ、ナント、

 ナ、ナント、

 

 またしても、0点でした泣

 その0点句がコチラ

 

 朱をとびこえて荼枳尼天にトマト

 

 (宮坂変哲さん、

 コメントをいただき、

 ありがとうございます)

 

 最近、句が荒れてますかねぇ?

 でも、浅学非才の身が

 各地の文芸モンスターたちに

 一歩でも近づくには、

 ここが踏ん張りどころ。

 

 海月ただよう/多舵 洋 さん

 のところだと、

 安心していろんなことが試せるので、

 ホントに感謝してます。

 新たな修行の場を与えてくださり、

 ありがとうございます。

 

 

 

 

 こちらもどうぞ

 

 『プレ・プリズム句会』選句

 第1回 プリズム句会

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

 

ご恵贈いただきました

  • 2019.10.01 Tuesday
  • 01:56

 

 竹内歌子様より、

 『花・花』竹内歌子句画集

 を、ご恵贈いただきました。

 ありがとうございます。

 

 

 

 川柳『びわこ』に

 投句させていただいている

 ご縁です。

 

 次の日曜日に

 キチンと読ませていただいてから、

 また感想などを書きたいと思います。 

 

 というのも、

 以前読んだ、ある川柳句が

 ふと頭に浮かんだからです。

 

 坂巻春妙さんの、

 

 寄贈した本のお礼が早すぎる

 

 という句なんですけどね。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

 

第5回 日奈久de川柳句会 に参加しました

  • 2019.09.23 Monday
  • 20:36

 

 「自由律」 の川柳句会です。

 

 句会といっても、年回ですし、

 九州を中心とした各県から

 50〜70名くらいの参加が

 あるそうなので、

 ほぼほぼ、大会でしたね。

 

 自由律は初挑戦でしたが、

 六句投句したなかで、なんとか一句、

 入選することができました。

 

 きざみショウガふりかけトコトンまで生きる

 (課題「生」 吉岡靜生 選) 

 

 また、「川柳トーク」のコーナーでは、

 「気になる句」として、

 

 ひょいと担いで白の平原

 (課題「生」 吉岡靜生 選)

 

 を、取り上げていただきました。

 

 

 入選しなかった句の

 一番の反省点は、

 自由律の利点を活かせていない、

 ってことでしょうか。

 

 これ、定型で良くね?

 てか、定型のほうが良くね?

 っていう。

 

 これは自由律でしか

 表現できないんだ、

 という域に届いていないんですよね。

 

 当然と言えば当然です。

 付け焼き刃は通用しません。

 来年はなんとかマシになっておきます。

 

 まぁ、それはそれとして、

 没だった句は、定型に仕立て直して、

 どっかで使おうと思います。

 (オイ、コラ!)

 

 

 

 

  

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

 

第1回 プリズム句会

  • 2019.09.17 Tuesday
  • 23:45

 

 「プリズム句会」 は、

 文芸界のダ・ヴィンチこと

 (私が言っているだけ)

 海月ただよう/多舵 洋 さんが主催する

 オンライン句会です。

 

 互選で選評必須でして、

 今日が選句・選評の締め切りでした。

 (ここまでコピペ)

 

 アテクシは、「透童つくえ」名義で、

 参加しております。

 

 さて、今回の結果ですが、

 透童つくえ、ナント、

 ナ、ナント、

 

 点でした泣

 その点句がコチラ

 

 増えてゆく f デスマーチだと気づく

 

 選外ですが、

 ありがたくもコメントをいただきました。

 ここに転載させていただきます。

 

 「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき〜」

 というのを思い出しました。

 ──かもせり

 

  とはプログラム関係のことでしょうか、

 デスマーチと言う言葉から想像しましたが、

 そうだとすると、ちょっとストレートな感じがしました。

 一字開けの効かせ方が巧みですね。

 気づいて唖然とする「間」をひしひしと感じます。

 お疲れ様です。

 ──多舵 洋

 

 かもせりさん、

 ありがとうございます。

 

 なんでしょうね、

 かもせりさんの、

 このカッコよさは。

 これか?これが

 文人ってやつなのか?

 

 多舵 洋さん、

 ありがとうございます。

 

 デスマーチは、

 まだ専門用語なんですかね。

 いずれにしても、

 「ストレート」との指摘は、

 言われてみればその通りです。

 

 変化球を投げたつもりが、

 ただの棒球だった。

 いやぁ、これは

 モーレツにハズかしいですね。

 

 第三者の眼ってのは、

 ほんとうにありがたいです。

 

 

 コチラもどうぞ

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

 

どうやったら買えるの?

  • 2019.09.12 Thursday
  • 21:34

 

 来たる923日(秋分の日)、

 第5回 日奈久 de 川柳句会

 が行われます。

 

 詳しくはコチラ

 

 でも、今日は、

 「まだ、ほぼ手つかずだぞ」

 とか

 「自由律、やったことないぞ」

 って話題ではないのです。

 

 

 私は、川柳大会に参加する際、

 選者の先生のお名前を、

 ネットで 検索 しています。

 

 「この人、誰なんだろう」

 と思いながら選を受けるのは、

 失礼だろうと思うからです。

 

 今年の『日奈久 de 川柳句会』

 に参加を決めた後も、

 選者のおひとりである

 加藤知子先生(俳人)を

 検索しました。

 

 お作りになった句も

 いくつか知ることができました。

 それを読んだ私の感想、それは、

 

 スゲぇ!

 ワクワクがとまんねェ!

 

 です。

 たとえば、こんな句、

 

 

 海峡の白菜割って十二階

 

 無月なりよってたかって定型詩

 

 蛇穴を出でて片足ハイヒール 

 

 外輪山まんまと越えし盆の月

 

 いづれさざんか人体かくもけなげ

 

 

 地元に、こんなスゴいかたが、

 おられたんですねー。

 知らないってコワイ。

 

 ウワサでは、

 第三句集を準備されている、とのこと。

 

 どこですか?

 どこで買えるんですか?

 どーやったら買えるんですか?

 よやく、予約しますから!

 

 落ち着け、ワタシ。

 会場で聞けるじゃないか。

 

 

 

 ポチッと、お願いします。

 
 川柳ランキング

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.2』を読む
    RIFE (10/14)
  • 『KiDO 第7回卑弥呼の里誌上川柳大会議論集 Vol.2』を読む
    yo-ko (10/14)
  • ご恵贈いただきました
    RIFE (10/02)
  • ご恵贈いただきました
    yo-ko (10/01)
  • 第5回 日奈久de川柳句会 に参加しました
    RIFE (09/27)
  • 第5回 日奈久de川柳句会 に参加しました
    yo-ko (09/26)
  • どうやったら買えるの?
    RIFE (09/17)
  • どうやったら買えるの?
    加藤知子 (09/17)
  • 第174回@くまもとメール川柳倶楽部@(3)
    RIFE (09/14)
  • 第174回@くまもとメール川柳倶楽部@(3)
    らき (09/14)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM